国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

よくあるご質問

法務局での遺言書保管制度ってどんなものですか?

「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が 平成30年7月6日に成立しました(7月13日公布)。 いわゆる「遺言書保管法」と言われるものでです。 公布の日から2年以内に施行されます。 ポイントをまとめましたので、ご参照下さい。 ①自筆証書遺言のみで封のされていない形 …

続きを読む

相続分野の民法改正はいつからですか?

改正民法が2018年7月6日に成立しました。 施行は2020年7月までに順次、ということになっています。 よってすぐに現行民法が変わるわけではありません。 ですが、大きなポイントは今から押さえておきたいですね。 ★1つ目(新しい章立てあり) 残された配偶者の住居への居住 …

続きを読む

法定相続情報は利用しやすくなったのですか?

そうですね。 少しずつですが改良されているようです。 たとえば、 被相続人との続柄の記載について ・できるようになった。 ★続柄を記載することで、 原則、相続税の申告書の添付書類に 法定相続情報一覧図を使えるようになった。 被相続人の最後の本籍の記載について ・できるよ …

続きを読む

相続登記の登録免許税の免税措置ができたって本当ですか?

はい、本当です。 個人が相続(相続人に対する遺贈も含みます。)により 土地の所有権を取得した場合、 その方が当該相続による当該土地の所有権の移転の登記を 受ける前に死亡したときは, 平成30年4月1日から 平成33年(2021年)3月31日までの間に その方を当該土地の …

続きを読む

後見人の不正防止策の取り組みはなされていますか?

法務省と全国銀行協会は、後見人による預金の不正な引出しを 未然に防ぐための仕組みを整備しようとしています。 近々新しい制度をスタートさせる検討会が実施されます。 現在運用中の「後見制度支援信託」 これは信託銀行に家庭裁判所の判断でほとんどの預金を預けてしまう、 というも …

続きを読む

成年後見制度の利用6.4%とはどういうことでしょうか?

みずほ情報総研の調査によれば、認知症高齢者にかわって財産管理等が必要に なった場合、法定後見を家庭裁判所に申立てをした家族・親族の割合は 6.4%にとどまったそうです。 当センターでの分析としては、 申立手続きの煩雑さ、財産目録や収支状況報告の手間、あるいは 申立の動機 …

続きを読む

遺産分割前の預金仮払いとはどういうことですか?

法務省は相続法制の見直しに伴い、金融機関の立場として お客さまが亡くなった際に、預貯金を遺族に仮払いできる制度を 創設する予定です。 たとえば金融機関は、葬儀費用に限定して家庭裁判所を通さず、 支払可能な仕組みを模索しています。 2018年2月に最終報告を答申し、201 …

続きを読む

続報 法定相続情報証明制度はいつスタートしますか?

2017年5月29日スタートします! 法務省において、相続登記の促進のため法定相続情報証明制度が 新設されました。 空き家問題、所有者不明土地問題などの解決を促進するということが あります。 大量の戸籍謄本などを法務局が一度チェックをして 法定相続情報一覧図(いわゆる相 …

続きを読む

続報 法定相続情報証明制度がスタートするって本当ですか?

金田勝年法相は3月28日の閣議で、 相続手続きを簡素化する「法定相続情報証明制度」を 今年(2017年)5月下旬から開始すると報告しました。 相続人が不動産登記の変更手続きなどに必要な戸籍関係の書類一式を 登記所で1枚の証明書にまとめる仕組みです。 相続人の負担軽減を図 …

続きを読む

弁護士による横領に対する見舞金制度とはどのような制度ですか?

日本弁護士連合会は、今月3日の臨時総会において、弁護士による30万円以上の横領の被害者に対して、1人当たり500万円、計2千万円を上限に、被害額から30万円を差し引いた額を支払う見舞金制度を新設することを決めました。 (ご参考) http://www.asahi.com …

続きを読む

TOPへ戻る