国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

不動産を相続で名義変更したいのですが、コツはありますか?

あります。

まずは入り口のところ。

亡くなられた方がどんな不動産をお持ちだったかということは、
基本的にそのご本人にしかわからないものです。

たとえば、遺言で明確に物件をうたっていても、
エンディングノートでメモ書きがしてあったとしても、
はたして他にはないのか、これで全部か・・・という
悩ましい問題があります。

通常、わたしたち専門家は「名寄帳」というものを
市区町村や都税事務所(23区)から取り寄せ、
その方の所有物件の一覧を出していただく、という作業を
ほぼ100%行います。

なぜなら、ご本人がお持ちだった納税通知書などを参考にすると
固定資産税の非課税物件が漏れてしまったり、
残された権利証を参考にしても、何度も同じ地域を取得していたりすると、
物件の抜け漏れが出てしまうことが散見されるからです。

その意味で名寄帳の取得は
「物件の把握漏れを防ぐ最も有効な手段」といえます。

TOPへ戻る