国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

遺言では付言事項をつけることが多いのでしょうか?

当事務所で遺言作成支援をさせていただく際には、
圧倒的に公正証書遺言をお勧めし、実際にその形式で
お作りいただいています。

しかも、公正証書遺言の際は、ほとんどのケースで
付言事項をご本人と一緒に考え、起案しています。

まれに自筆証書遺言にされる方もいらっしゃいますが、
その場合は方式不備のチェックだけをさせていただくことが
多いので、付言事項がないことが多いです。

経験上言えることですが、相続する人も、相続しない人も
遺贈を受ける人も、遺贈を受けない人も
みなさんが納得できる結果を得るためには
付言事項を入れたほうが良いと考えられます。

TOPへ戻る