国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

相続を経験した方が「生前準備しておいてほしかった」と言っていることはなんですか?

ある大手銀行の調べによれば、相続時に準備しておいて欲しい(欲しかった)ことの第1位は、財産や債務(借入など)の状況をまとめておいてほしかった(要するに財産目録の作成)、ということで約40%くらい、第2位は資産の分配方法(要するに遺言を書いておいてほしい)で約30%強、第3位以下に遺品整理の方法、葬式やお墓の考え、介護や延命措置の考えを示してほしいというのが約20%強、といったところでした。

その他親族や交友関係など身の回りの情報をまとめておく、といったニーズもあるようです。少し意外でしたが「遺言を書いておくこと」より、「財産をわかるようにしておく」ことを優先したほうが良いようです。

TOPへ戻る