国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

自筆証書遺言の検認の後、大もめにもめた事例

Aさんの奥さんBさんはすでに他界、CさんとDさんが
お子さんです。

AさんはCさんにそのほとんどの財産を相続させる主旨の
遺言を自筆で書きました。
Dさんの遺留分は侵害しています。

Cさんはその遺言を保管していたので、Aさんが亡くなったあと、
家庭裁判所の検認のために必要書類を準備し、検認申立てをしました。

CさんとDさんは音信不通でした。
元々仲もそれほどよくはなかったようです。
家庭裁判所の検認期日の際、CさんとDさんは数十年ぶりに相まみえました。
その場はなんともなく終えたようです。

ところが・・・
Dさんは「遺言の筆跡がAさんのものと違う」という旨の
内容証明郵便をCさんに送ってきました。
これについては、徹底的に争うような内容の文章も
盛り込まれていました。

そして・・・
Cさんは眠れなくなってしまいました。

筆跡については、Aさんのものに間違いない。
証拠もある。
訴訟になっても勝つにきまっている。
なのに・・・
ストレスが半端ない状況になってしまったのでしょう。

公正証書にしておけばこんな無用な争いは避けられる、
そんな教訓のあった事例でした。

TOPへ戻る