国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

どのような財産にかかるのですか?

相続税がかかる財産は、原則として、相続や遺贈によって取得した財産です。

例えば、現金、預貯金、土地、建物、株式、投資信託、宝石、家具、自動車、書画・骨董品、事業用資産、電話加入権、著作権などです。他に次の財産にも相続税がかかります。

(1)相続や遺贈によって取得したものとみなされる財産(みなし相続財産)

例えば、死亡退職金や功労金、死亡保険金、生命保険契約の権利などです。

(2)相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税に係る贈与によって取得した財産

(3)生前に被相続人から相続時精算課税に係る贈与によって取得した財産

TOPへ戻る