国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

夫が交通事故で亡くなりましたが、現在、私は2人目の子を身ごもっています。胎児は相続人になりえるのでしょうか?また、もし仮に胎児にも相続人としての資格があるならば、遺産分割はどのようにしたらよいのでしょうか?

相続における胎児の扱いについては、法律上、次のような規定があります。

【民法 第886条】

(1)胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
(2)前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは適用しない。

したがって、まだ生まれてきてはいませんが、あなたが身ごもっているお子さんについても、相続人としての権利があるのは確かです。さて、問題は、遺産分割の方です。

もし仮に、胎児が生まれてくることを前提に、先に遺産分割協議を行ってしまうと、実は1人ではなく双子(三つ子)だった、あるいは流産してしまった等の問題が発生した場合、後に各共同相続人の相続分が変わってきてしまうため、面倒なことになってきます。

胎児の遺産分割については、学説でも分かれており、(1)胎児が生まれてくるまでは遺産分割協議はできないとする説、(2)遺産分割協議は行えるが、生きて生まれてきた場合には、事後、価額による支払をすればよいとする説がありますが、先に述べた理由からいっても、胎児が生まれてくるまでは、遺産分割は待った方が無難であると思われます。

TOPへ戻る