国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

相続登記の登録免許税の免税措置ができたって本当ですか?

はい、本当です。

個人が相続(相続人に対する遺贈も含みます。)により 土地の所有権を取得した場合、 その方が当該相続による当該土地の所有権の移転の登記を 受ける前に死亡したときは, 平成30年4月1日から 平成33年(2021年)3月31日までの間に その方を当該土地の所有権の登記名義人とするために 受ける登記については,登録免許税を課さないこととされました。

詳しくは法務局サイト参照

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000017.html

なんだかわかりにくいでしょうか。

つまり亡くなった方名義に相続登記を入れる必要がある場合、 その分の登録免許税が無税である、ということです。

亡くなってしまうから相続登記が放置されてしまう、 という難点があったのをうまく回避しようとしているように 見受けられます。 次の相続が進めやすい、ということにつながりますね。

TOPへ戻る