国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

養子の場合や連れ子の場合、相続権はありますか?

養子も、実子である兄弟と同じように、父親が亡くなった場合には相続権があり、その法定相続分も実子と同じということになります。

養子縁組とは、本来あるべき自然の親子関係をなくし、親子関係にない者との間に、新たな法律上の親子関係を作り出す制度で、養子になると、その子は養親の嫡出子としての身分を取得します。

ただし、相続権のある養子とは、法律上の手続き(届出の受理)を行った者に限られます。

したがって、女性が子供を連れて再婚したとしても、その連れ子と養父の関係においては血のつながりがないため、そのままでは相続人にはなれません。前夫・前妻の連れ子供がいて再婚をする場合には、養父と連れ子との間に養子縁組を行い相続権を与え、未然にトラブルを回避するような工夫も必要でしょう。

TOPへ戻る