国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

遺産分割協議を行わないと亡くなった方名義の預金を下ろせなくなるのでしょうか?(結論)

最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は平成28年12月19日、「預貯金は遺産分割の対象」とする判断を示しました。

最高裁判所は、平成16年の判決で、預貯金など分けることのできる債権は「(法定)相続分に応じて分割される」としたため、預貯金は遺産の分け方を話し合う遺産分割の対象にならず、法定相続分に基づいて自動的に分けられるとされてきました。

しかし、今後は合意がなくても、預貯金は、遺産分割の対象となります。

※ご参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000074-san-soci

TOPへ戻る