国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

民事信託士になったと聞きましたが、何ができるんですか?

民事信託士とは、”信託業法の適用を受けない民事信託”に関して、
ご相談、スキーム構築、受益者の代理人や信託の監督人を担える者、
とお考えください。

代表の國松が民事信託士になりました。

一般社団法人民事信託士協会に所属し、
第1期民事信託士検定に合格した者と講師の先生方が
現在民事信託士となり、活動しています。
まだ数十名しかおりません。

民事信託士は財産管理業務等が法律で認められている、
司法書士と弁護士に限り、検定に合格した者だけが
認定を受けます。

高い職業倫理、法令順守の精神が求められるため、
司法書士会や弁護士会との連携でより業務の質も
高めることができるのが特長です。

ところで、民事信託と対比されるのが、商事信託です。

これはまさに託される側(受託者)が業として
報酬を受け取っている信託銀行、信託会社などの
投資信託や土地信託などを想像されると
しっくりくるかと思われます。

民事信託の場合は司法書士などの専門職が
託される側の受託者に業として就任することはできないので、
そこが一番の違いでしょうか。

TOPへ戻る