国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

配偶者の最適相続分(相続分岐点)とはなんですか?

配偶者には相続時に恩典があります。

有名なのは、
法定相続分か1億6000万円のいずれか大きい方の金額まで相続税がかからない、
という優遇税制です。

ところが、これをそのままフルに利用してしまうと
2次相続のときに不利になってしまう、ということが起こりえます。

1次相続で配偶者の税負担の軽減ばかりに目を奪われて、
結局配偶者がたくさん財産を抱えてしまい、
2次相続でたくさんの相続税を支払わなければならない、といったことになります。

つまり、1次と2次で通算して相続税が最少額になるように
1次相続での配偶者の相続分を検討すべきなのです。

この相続分のことを「配偶者の最適相続分(相続分岐点)」といいます。

当然ですが、
配偶者にもともと財産がある場合とない場合でそもそも変わってきます。

この相続分岐点を探るのは、非常に専門的になるので、
財産をすべてさらけ出せるような、信頼のおける税理士に
相談する必要がありますね。

TOPへ戻る