国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

教育資金贈与信託を利用するにあたって注意点はありますか?

銀行との契約は複数できないので、A銀行で契約した後、B銀行で契約したら、

A銀行しか適用できません。

また、贈与を受けた方が30歳になった誕生日には信託が終了するので、

それまでに使い切っていない残額については、贈与税がかかることになります。

この場合、贈与した方が生存していれば相続時精算課税制度が使えたり、

特例贈与(20歳以上の方が父母や祖父母から贈与を受けた場合の特例)が

適用できますが、贈与した方が亡くなられていると、いずれの制度も

利用できません。

よって、信託設定の際(銀行への申込みの際)、その金額については、

十分に考慮する必要があると考えられます。

TOPへ戻る