国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

相続

不動産の共有名義は避けた方がいいのでしょうか?

はい、避けた方がよろしいと思います。 相続でよくあるケースとして、めぼしい財産が 不動産しかなく、それを誰かが単独で相続してしまうと、 他の相続人に不公平感が生じる、という場合です。 この場合、不動産を単独相続する相続人が 代償金を用意できれば他の相続人にそれを配って …

続きを読む

空き家対策特別措置法とはなんですか?

5月26日から「空き家対策特別措置法」が全面施行されました。 空き家問題は相続と切っても切れない関係にあります。 遠方の不動産を相続したはいいが、だれも住む人がいない、 賃貸に出そうにも借り手もいない、 思っている金額で売れそうもない、 といった問題が地方の不動産にはよ …

続きを読む

相続は手続きが煩雑なので司法書士などの専門家に依頼した方がいいそうですが、どうしてでしょうか?

相続が起きた時、まず何をするのでしょうか? 第一に相続人と相続財産の確定をしなければなりません。 相続人の確定は亡くなった方の戸籍謄本を出生から死亡までつなげて集めなければ できません。 さらに、亡くなった方の両親の戸籍謄本を出生から死亡までつなげて集める場合も ありま …

続きを読む

昔取った戸籍謄本、印鑑証明書は相続手続きに使えますか?期限は3か月か6か月ですか?

除籍謄本や改製原戸籍謄本といわれるものについては、基本的に期限はありません。なぜなら今後取得したとしても変更されている可能性が基本的にはないからです。 戸籍謄本(通称 現在戸籍といいます)といって自分が相続人であることを証明するものについては、被相続人がお亡くなりになっ …

続きを読む

亡くなった父には,財産が多数ありますが、負債も相当あるようなので、相続によって得た限度で支払に応じたいと思います。どうすればよいでしょうか。

限定承認という手続があります。 この手続を利用するには、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続人全員で、限定承認の申述(申立て)をする必要があります。

続きを読む

葬儀後、何から手をつければよいのでしょうか?

遺産内容や相続人の状況によって必要な手続きは、それぞれ異なってきます。 当センターで「無料相談」を受けていただければ、司法書士が『いつまでに、何の手続きを、どこに対して、どのように行えばよいか』をアドバイスさせていただきます。 まずはお気軽に「無料相談」をご利用いただき …

続きを読む

相続手続きに必要な書類は何ですか?

相続手続きには、以下のような書類が必要になります。 ・被相続人の死亡の旨の記載のある戸籍謄本(除籍謄本)及び出生までさかのぼった除籍(原戸籍)謄本 (兄弟姉妹が相続人の場合、両親の出生から死亡までの除籍(原戸籍)謄本も必要です) ・被相続人の住民票の除票 ・相続人全員の …

続きを読む

相続税と贈与税はどちらが高いのでしょうか?

贈与税は相続税を補完するために設けられている税金です。 贈与税は相続税法の中に定められており、生前に子どもや孫に高額の財産を移動することを抑制するために設けられています。そのため、税率も相続税より高くなっています。 しかし上手に生前贈与を行うことにより、相続対策として活 …

続きを読む

養子の場合や連れ子の場合、相続権はありますか?

養子も、実子である兄弟と同じように、父親が亡くなった場合には相続権があり、その法定相続分も実子と同じということになります。 養子縁組とは、本来あるべき自然の親子関係をなくし、親子関係にない者との間に、新たな法律上の親子関係を作り出す制度で、養子になると、その子は養親の嫡 …

続きを読む

遺留分とはどういうものですか?

遺留分とは、法定相続人のうち兄弟姉妹以外の相続人に認められた最低限の権利のことです(一定の相続人に相続財産の一定割合の承継を保証したもの)。 相続人の受ける相続分は、法律上「法定相続分」として一定の割合が定められています。 一方で法律は、遺言による死後の財産処分を認めて …

続きを読む

2 / 3123

TOPへ戻る