国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

家族信託

成年後見制度の利用6.4%とはどういうことでしょうか?

みずほ情報総研の調査によれば、認知症高齢者にかわって財産管理等が必要に なった場合、法定後見を家庭裁判所に申立てをした家族・親族の割合は 6.4%にとどまったそうです。 当センターでの分析としては、 申立手続きの煩雑さ、財産目録や収支状況報告の手間、あるいは 申立の動機 …

続きを読む

任意後見で家族信託を代用することはできないのですか?

難しいところです。 任意後見は将来の後見人を決めておける便利な制度です。 任意後見契約書において、かなりボリュームのある契約書を 作成する場合もあり、その場合はご本人の財産管理につき ご本人の意向を十分に盛り込んだかなり細かい契約に なります。 ところが、いざご本人の判 …

続きを読む

民事信託士になったと聞きましたが、何ができるんですか?

民事信託士とは、”信託業法の適用を受けない民事信託”に関して、 ご相談、スキーム構築、受益者の代理人や信託の監督人を担える者、 とお考えください。 代表の國松が民事信託士になりました。 一般社団法人民事信託士協会に所属し、 第1期民事信託士検定に合格した者と講師の先生方 …

続きを読む

民事信託と成年後見の決定的違いはなんですか?

民事信託、家族信託と成年後見制度との違いはズバリ、 「身上監護」という点にあります。 「身上監護」とは、 本人が快適に、人間らしく暮らせる環境を整えて あげること、と説明したらよいでしょうか。 信託は委託者本人の意思を尊重して、 その想いを実現するために 財産の管理、活 …

続きを読む

自己信託とはなんですか?

自分で自分に財産を託し、受益者である誰か(第三者)のために 自分の財産を管理・処分等をする信託の形で、「信託宣言」ともいいます。 これは宣言したことをはっきりさせるため、要件は厳格に設定されています。 公正証書等によって作成しなければ効力が発生しません。 一般には「自己 …

続きを読む

家族信託を使った相続税対策とはなんですか?

相続税対策は健康であればどなたでもできるものです。 すぐできてすぐ終わる対策であればよいのでしょうが、 アパート建築などかなり長期で進める計画であれば、途中でご本人が認知症になるリスクも 考えておかねばなりません。 そこで家族信託を有効に使うことができます。 これはご自 …

続きを読む

家族信託を利用する最大のメリットはなんですか?

家族信託を利用すると、資産継承を意のままに行える、ということが 最大のメリットでしょうか。 数世代先までの継承計画が可能になります。 家族信託は端的に言うと、 「委託者(財産を信託したいと思っている人)のわがままを実現する制度」 といえます。 ご自分の生存中に財産を信託 …

続きを読む

家族信託は本人が認知症になっていても利用できる制度ですか?

家族信託とは、ある人(委託者)が財産管理・処分を家族の誰か(受託者) に任せる仕組みを言います。 そして、任せた結果、その利益を享受する人(受益者)は任せた人(委託者)だったり、 別の家族(受益者)だったりします。 簡単に言うとこんなスキームですが、家族信託には3つの種 …

続きを読む

TOPへ戻る