国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

成年後見

不動産の管理について注意しなければならないのは、どういう点でしょうか?

委任を受ける場合、有償、無償を問わず、受任者の職業、地位、能力、生活状況等から判断し、社会通念上の注意義務が課せられ、受任者は、自分自身に対する注意義務よりも、高度な注意義務が要求されるということが民法第644条に規定されています。 原則的には契約書どおりの履行と、社会 …

続きを読む

被後見人の収入・支出の管理をするにあたり、銀行預金、郵便貯金等の管理についてどのようにしたらよいか、管理の方法を教えてください。

口座取引の方法ですが、口座の名義を後見人の名義に変更する必要があります。 ただし、後見人個人の財産と混同することを避けるためにも名義は「A 成年後見人B」(A:被後見人 B:後見人)と、するよう銀行等から指示されます。 これらの手続きのためには、登記事項証明書(または審 …

続きを読む

後見事務の方針と年間の支出の予定を立てなくはなりませんが、どんなことに注意すべきでしょうか?

財産調査、身上調査などの調査をしっかり行い、定期の収入、定期の支出、負債等の経済状況を把握し、近いうちに多額の収入や出費が見込まれる場合は、それらを見越して予定を立てることです。

続きを読む

申立ては自分でできますか?

成年後見制度の申し立てはそれほど難しいものではありませんので司法書士等の専門家に頼まなくてもできないことはありません。ただし、どの手続きを選択するべきかなど判断の難しい面もありますので、一度は専門家に相談してみるのがよいと思います。

続きを読む

成年後見制度のデメリットはなんですか?

成年後見制度を利用すると、後見、補佐、補助のいずれかにもよりますが、会社の取締役に就けなくなったり、弁護士や司法書士、医者等の一定の資格に就けなくなるといった資格制限があります。 なお、成年後見制度を利用してもその旨が戸籍に記載されることはありません。

続きを読む

期間と費用はどのくらいかかりますか?

期間と費用はケースバイケースですが一般的には期間は3~6ヶ月、費用は切手、印紙代で5,000円~1万円です。ただし、鑑定を要する場合は別途、鑑定費用が5~15万円かかります。また、申立てを司法書士に依頼すると別途、報酬がかかります。

続きを読む

成年後見制度を利用すると戸籍に載ってしまいますか?

以前の禁治産制度ではその旨が戸籍に載ってしまっていましたが、成年後見制度ではその旨が戸籍に載ることはありません。 その代わりに東京法務局に登記されて本人や成年後見人などから請求があれば登記事項証明書が発行されます。

続きを読む

浪費者は成年後見制度を利用できますか?

浪費者は成年後見制度を利用することはできません。成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害などで判断能力が低下している人を保護するための制度だからです。 ちなみに、以前の禁治産制度では浪費者も準禁治産者として保護されていました。 これは、禁治産制度が家制度の思想を背景に …

続きを読む

任意後見制度ってなんですか?

任意後見制度は本人がまだ判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分になった時のことを考えてあらかじめ代理人(任意後見人)を選んでおいて、自分の療養看護や財産管理について代理権を与える契約を結びます(必ず公正証書を作成します)。 そして、本人の判断能力が低下したら任意後 …

続きを読む

成年後見人はどのようなことをするのですか?

家庭裁判所から選ばれた成年後見人は本人の財産を管理したり、契約などの法律行為を本人に代わって行います。 ただし、スーパーなどでの日用品の買い物や実際の介護は一般に成年後見人の職務ではありません。 なお、成年後見人はその仕事を家庭裁判所に報告して家庭裁判所の監督を受けます …

続きを読む

3 / 41234

TOPへ戻る