国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

成年後見

後見制度支援信託を家庭裁判所から勧められましたが断れますか?

はい、断ることもできます。 その場合は「後見監督人が選任される」ということになります。 家庭裁判所が後見制度支援信託の利用を勧めてきているのには理由があります。 収支が安定していて、当分それが見込めそうである 預貯金の額が多い(500万円以上はある) ご本人が遺言を書い …

続きを読む

後見監督人から見て親族後見人のチェックポイントはなんですか?

当事務所では次のようなポイントで後見監督をしています。 ①財産総額、収入に比して支出が多すぎないか ②支出内容は常識的なものか ③遺族年金など、もらい忘れているものはないか ④ご本人様を放置していないか ⑤ご本人様のために生きたお金を使う、という意識があるか ⑥業務日誌 …

続きを読む

成年後見の申立を司法書士に依頼するメリットはなんですか?

家庭裁判所への後見開始の申立は、司法書士に頼まずとも ご本人(ご家族の方)申立てでも行うことができます。 しかし、実際に誰が後見人として適任かを判断したり、 財産目録を作成したり、膨大な資料を用意したりするのは 非常に手間ですし、忙しい方やご高齢の方だと実際厳しいです。 …

続きを読む

成年後見人の報酬はだれが決めるのでしょうか?

大きく分けて2つあります。 ①法定後見人、つまりすでに判断能力が乏しい方に 家庭裁判所が選んで就任した後見人の場合 毎年業務が1年終了するごとに 「成年後見人に対する報酬付与の申立」というものを 家庭裁判所に対して申立てをし、ご本人の財産の範囲内で 家庭裁判所がその年1 …

続きを読む

最近、成年後見人に親族がなれないことが多いというのは本当ですか?

残念ながら、本当です。 親族後見人候補者がいる場合、その方の名前を書き、推定相続人の同意書も付けて 後見開始申立てをします。 たとえば、候補者の方が70歳を超えているとか、推定相続人の誰かが 反対しているとか、作成してきた財産目録や収支状況報告書がおおざっぱすぎて 後見 …

続きを読む

後見制度支援信託とは簡単に言うとどんな制度ですか?

そもそもなぜこの制度ができたかというと、成年後見制度を利用する方が増え、家庭裁判所が後見人を監督しきれなくなったから、というのが妥当なところでしょうか。 利用者が増えると私共司法書士のような「専門職後見人」だけでなく、「親族後見人」も大幅に増加しました。なかには、ご本人 …

続きを読む

成年後見人の報酬は親族の場合は無償なのですか?

成年後見人(法定後見)の報酬は、一般に専門職(司法書士、弁護士、社会福祉士、税理士等)の場合は、ボランティアで後見業務をすることは考えられないので、「成年後見人に対する報酬付与の申立て」というものを、1年間の業務終了時に業務報告とあわせて家庭裁判所に対して行います。 そ …

続きを読む

任意後見と法定後見をいっしょに利用することはできませんか?

すでに任意後見契約を結んでいる方が、さらに法定後見制度を利用することはで きません。任意後見契約による支援が優先されます。 しかし、任意後見契約による支援内容では不十分でご本人の支援が行えない場合など、家庭裁判所が本人の利益のために特に必要があると認めた場合には法定後見 …

続きを読む

成年後見制度の報酬について教えてください。

後見人(保佐人・補助人)の報酬は裁判所が決定するのですが、もともとご本人の暮らしを守るための制度ですから、裁判所がご本人の生活に大きな影響を与えるような報酬を決定することはありません。 報酬はご本人の財産から捻出することとなります。

続きを読む

後見人に選任されたあと判断に迷う場合はどこに相談するのですか?

判断に迷ったときは家庭裁判所の担当書記官と相談してください。 適切なアドバイスをもらえるはずです。決して自分で勝手な判断をしないようにしてください。

続きを読む

2 / 41234

TOPへ戻る