国分寺市・国立市・府中市・小平市・小金井市を中心に 相続の相談ならおまかせください。

運営:国松偉公子事務所 司法書士・行政書士  JR国分寺駅より徒歩2分

ご予約はこちらまで0120-198-041(行くわオールフォーワン)まで(平日:9:00~20:00)

メールでのお問合せはこちら

法務局での遺言書保管制度ってどんなものですか?

「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が

平成30年7月6日に成立しました(7月13日公布)。

いわゆる「遺言書保管法」と言われるものでです。

公布の日から2年以内に施行されます。

ポイントをまとめましたので、ご参照下さい。



①自筆証書遺言のみで封のされていない形(法務省令で決定する予定)

 の遺言書のみが対象

②遺言書保管官が取扱う

③法務局(遺言書保管所)の場所は

 遺言者の住所地か本籍地または所有不動産を管轄する法務局

 本人が自ら出頭し、本人確認あり

④原本を預かるとともに画像情報としても管理する

⑤生存中は遺言者のみが閲覧請求でき、保管申請を撤回すると

 原本が返却され、情報も消去される

⑥死亡後は相続人や受遺者が照会でき、遺言書保管事実証明書、

 画像情報等を用いた遺言書情報証明書を請求でき、原本の

 閲覧請求も可能

⑦遺言書保管官が遺言書情報証明書を交付し、閲覧させたときは

 速やかに当該遺言書を保管している旨を相続人、受遺者、

 遺言執行者に通知する

⑧遺言書保管所に保管されている遺言書は

 家庭裁判所での検認が不要

⑨遺言書の保管申請、閲覧請求、遺言書情報証明書または

 遺言書保管事実証明書の交付請求には手数料がかかる



今からいろいろと準備をしておきたいですね。

TOPへ戻る